家の大きさや形に制限がありますか。~森の家domino~

森の家domino-よくある質問-

Q 家の大きさや形に制限がありますか。

森の家dominoでは、外周部にのみ耐力壁を配置するので、基本的には建てられる大きさと形が決まっています。

森の家dominoの基本は単純な平面計画です。

具体的な大きさや形は、
4間(7.3メートル)×4間(7.3メートル)までの大きさでデコボコのない平面
1階と2階の大きさが同じ総2階
が基本的な形となっています。

 

平面や立面にデコボコの無い形が基本ですが、絶対にデコボコがダメかと言うとそうではありません。

平面上である程度出っ張りや引っ込み、立面的にも2階のオーバーハングだって可能です。
大きさに関しては、内部に部分的に耐力壁を設ければ4間(7.3メートル)以上の大きさも可能です!

下屋有りのプランもOK
2階が跳ね出す片持ちもできます。

 

森の家dominoに限った事ではないですが、建物の形が複雑になればなるほど施工は難しくなり、性能を確保するための手間が増えていきます。

複雑な間取りは施工が大変。性能確保も難しいです。

そして、最初の施工に手間がかかるという事は、後々の外壁メンテナンス時のコスト増にもつながります。

思うに、注文住宅を建てる時に皆さんが1番こだわるのって、間取りだと思うんですよね。
敷地の中に納まるように、そしてリビングの隣には一体で使える畳スペースを・・・と部屋のつながりを考えて、そうすると大体2階よりも1階が大きくなって、終盤に予算をオーバーしてるからここを1畳分減らしてへこませて・・・ってしているとやっぱり凹凸の多い平面になってしまいます。

森の家dominoは建物の形に制約がありますが、内部の間仕切りの位置に制約がありません。しかも間仕切り壁が構造を兼ねていないので、壁を薄くする事もできます。
間取りから建物の形が決まる今までの考え方から、建物の形を決めてその中で間取りを考える。
森の家dominoは考える順番から違うんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。