豊かさを紐解くChap.1-3 ~冬の暖かさのために~

Chap.1 「心地よく暮らす」ために

豊かさを紐解くChap.1-3 ~冬の暖かさのために~

 

前回の話で杉の無垢材は暖かく「感じる」と言いましたが、これはあくまで「体感」です。
自然素材だから発熱して暖かくなる・・・なんて事はないですよね。
暖かく感じるだけです。

 

せっかく新築したり、リフォームするのであれば、
冬でも暖かい家を建てたいわけですが、
暖かい家を考える上で大前提があります。

それは、

「新しい家だって暖房しなきゃ寒い!」です(日射取得は置いておいて)。

当たり前っちゃ当たり前なんですけど。

 

冬場、寒い外に出るとき皆さんどうしますか?
「寒いからコート着て外に出よう」としますよね。
でも、コート単体を外に置いても全然暖かくない。
コートを着て、自分の体から出る熱を外に逃がさないようにしているから暖かいわけです。
コートじゃなくて薄いレインコート(雨合羽?)じゃダメ。薄くて着ても寒い。熱が逃げて行ってしまうから。

 

家も一緒です。
①家の中のエアコンやストーブなどの暖房器具のスイッチをピッと入れて、熱を作り出す。
 (薪ストーブやペレットストーブもありますね)。
②家の外周部(床とか壁とか天井とか)の中に断熱材を入れて、その作った熱をできるだけ外に逃がさないようにする。

結果、外よりも家の中が暖かくなる。

 

なかなか暖かくならないなら解決する方法は2つ。

暖房の設定温度を上げて発熱量を多くするか、断熱材を厚くして熱の逃げる量を減らすか。

前者は暖房器具の設定だけだからすぐに温度を上げられますが、設定温度を上げるとその分光熱費が高くなります。
後者は家の床下や壁、天井裏などに入っているものなので、後から追加するのはなかなか難しいです。

 

今までの家づくりって、この「暖房」と「断熱」が別々に切り離されて考えられ、そして疎かにされていたように思います。

暖房している部屋は暖かいんだけど、廊下とかトイレ・お風呂は寒い。
それは冬だから当たり前でしょ!?みたいな。

家づくりは少しづつ変わってきています。

「暖房」と「断熱」ともう一つ「気密」を一緒に考えると、暖かい家を手に入れることができます!

 

続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です