ここは基礎断熱

阿部(憲)です。
南区のH様邸は内部の工事が進んでいます。

 

内部の筋交いが取付けられました。

 

サッシも付いています。

 

この日はちょうど大工さんが空けている日でしたが、電気屋さんが内部の配線をしていました。

私はというと、そろそろユニットバスの組立が迫っているので、床下部分の断熱材を施工してきました。

 

当社は床断熱を基本としています。
断熱材は連続して施工するというのが原則なので床下にずーっと断熱材を入れていく必要があるんですが、ユニットバスは床も壁も天井もセットになってくるので、連続できないんですね。

じゃあどうするかと言うと、ユニットバスの外側の基礎で断熱をしてあげます。
そして、床下に入ってくる風も止めてあげてついでに気密もとると。
一石二鳥。

 

この工事で発泡ウレタンというものを使うのですが、どうもこの材料を扱うのが苦手で。
これ、すごい接着力なんですよ。
服に付いたらまずとれない。

で、それを毎回作業着に付けてしまうんですよね・・・。
しかも綺麗気な作業着を着ている時に限ってこの作業をしてしまうという。

私の作業着にウレタンがくっついてるのを見たら『がんばって仕事してるんだな』と温かい目で見守ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です