O様邸の大工さんの一押し!!

明日・明後日と、施主様施工の漆喰塗りがあるので、現場に

行ってきました。

大工さんの他に、内装やさんもパテぬりの為の作業が始まり

いよいよ終盤戦ですね。

そこで、今回は、現場で施工している大工さんの一押しを聞きました。

でも、これって一番苦労したところということですね。

ハイ、まず斉藤さん、ど~ぞ。

判りづらいでしょうが、床の間の底板下の引き出しです。

引き出しと判らないように取っ手を付けることは、できないので一工夫。

手でちょっと押してあげると、引き出しが出てくるのです。

プッシュオープンというそうです。ビックリ・ビックリです!!

ここは、お母様のたっての希望ということで、掛け軸等を入れるとのこと。

いいなあ~。我が家もリフォームをすると時に作ってもらえばよかったな~。

 

次、樋山さん、ど~ぞ。

トイレの手洗いカウンターです。

手を洗う時に、どうしても水が撥ねてしまいますよね、それで

簡単な方法は、キッチンパネルのようなものを、貼っておしまいなのですが、

それでは、木の家に相応しくありません。

でもって、ボードを切り込んで厚さ20mmの杉集成材をはめ込んだのです。

壁面に出ている厚さは、5mm程度、つまり15mm分」は、壁の内部に

入っているのです。板が動かないように、下地の裏からビスで引っ張って。

う~ん、よくわかりません。でも素敵!!

この後、ウレタン塗装で仕上げます。

大工さんのひと手間・ふた手間が、生きるんですね。

手仕事のすばらしさですね。手をかけたものは、その思いまでも

お客様に届き、きっと愛着を持ってもらえると信じています。

この後、現場は、日々表情を変えていきます。

まるで、白黒からカラーになるような変化です。

O様も楽しみでしょうが、スタッフもワクワクしているのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です