O様邸、足場を解体しました。

久しぶりに、O様邸の現場へ行って来ました。

足場が解体され、その全容が明らかに・・・

周囲の風景にすんなりとマッチする、優しい外観で素敵です。

さて、内部は、木工事の終盤戦です。

三富建築さんの腕のいい2人の大工さんが、頑張っていました。

黙々と和室の造作を進めている斉藤さん。

本格的な和室ですので、熟練の技が要求されるのですが、

ノミ・のこぎり、かんな・電動のこ等を駆使して仕上げていく姿は

カッコいい!!

本当に丁寧な仕事ぶりで、いつも感心しています。

樋山さんは、玄関廻り担当。

石膏ボードの加工場所もこまめに掃除しながら、進めています。

何時、現場に行っても、きれいに片付いているのは、日々の精進の

賜物です。

そして、1階から2階へと見て廻っていると、収納の多さにビックリ。

図面では、確認していたのですが、実際に現場を見てみると、

そこ・ここに収納があります。

玄関収納・パントリー・納戸1・納戸2・階段下収納・小屋裏収納・・・

他に、クローゼットや、押し入れです。

帰社後、その旨をプランナーに話をしたら、「これでも足りないとの

O様の弁」と一言。

注文住宅のいいところですよね。

住まう人の要望を、とことん叶えるようにプランするんですもの。

住みはじめる日を、心待ちにしていらっしゃるO様。

もう少しですよ。

オープンハウスは、3月4・5日です。

オープンハウスの準備も着々と進めていますので、お楽しみに・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です