雪が、しんしん積もります!!

降りましたね~、降ってますね~。

雪が本気で降っています!!

雪を降らせる大元締めに伝えたい!!

「あなたの本気なのは、充分わかったので、もう休んでもいいですよー」って。

こんなこといってる私が変ですね、はい、じゅうぶん判っています。

只、言ってみただけです。

でも、何年かに一度の大雪になるとTVで言っているし、くわばら・くわばら・・・・・。

と、いうことで、雪の降る中、外出が、ままならなくなった時は、家で

読書はいかがですか?!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私のお正月休み明けまでに、1か月で読んだ本。

大体、毎月5~6冊位のペースですね。

今月の本の中で一番おもしろかった本は、「宮部みゆき著:桜ほうさら」。

傑作時代ミステリーで、600頁の長編です。

”桜の季節にめぐり逢った人々の間でミステリアスな事件が続く。

そして、ついに父の死をめぐる真相が明らかに”

読んでいると、楽しくて楽しくて・・・、次なる展開にワクワク!!

時間を気にしながら、もうちょっとだけ・・と、読み進めていく時間は、

至福の時です。

そして、面白い本を読んだ後で、いつも考える事。

宮部みゆきの頭脳構造は、どうなっているんだろう?

執筆は、どんな手順で進めていくんだろう?

一日の執筆時間(集中できる)は、どれ位なんだろう?等々。

凡人には、とてもとても計りしれない世界なのです。

本は、北地域図書館で借ります。おもしろいと思った作家の本を

集中して読んで、読む本がなくなったり、貸出中の時は、違う作家の本を

借りて・・・。

有川浩女史の本もおもしろい!!発想が、ずばぬけていて痛快ですねー。

それに、ほろり感もあるし、これからが大いに楽しみな作家です。

ねじめ正一氏の本は、市中のごく日常を描いているのですが、

作者の目線が優しくて好きですね。

つらつら書いちゃいました。

雪の降る日は、読書の日。如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です