玄関先に目を、やれば・・・

暮のご挨拶に、OB客様の家を訪問しています。
そんな中で、ちょっと目に止まった玄関先の写真をピックアップ。

<平成14年竣工のH様邸(長岡市内)>

陽光台に建つ山小屋風の建物にあうように、電柱土留めをしました。

竣工から14年が経過して、いかに電柱といえども、ちょっとくたびれてきたようです。

電柱の芯の部分が朽ちていますが、なんとそこに植物が!!

植物の生命力の強さと、センスに感服。

 

<平成19年竣工のN様邸(小千谷市)>

ご主人が、敷地内の整備をしていると、玉石のような10cm前後の

石が、出てくる、出てくると、嘆いていらっしゃったのですが、

その石を使ってこんなに素敵な前庭になりました。

脇の畑に行くにも、靴も汚れず大助かりとのこと。

ご主人の苦労のあとが偲ばれ、又「手造り大賞」ものなので、ハイ、パチリ!!

 

<平成20年竣工ののT様邸(長岡市)>

T様邸のシンボルツリーの”やまぼうしの木”です。そして、廻りには、

一時T様の奥様と大いにはまったクリスマスローズの鉢植えと、地植えの花々。

シンボルツリーも、本当に大きくなりました。

T様にとって、子供の成長を、見ているようなものですね。

 

<平成20年竣工のS様邸(見附市)>

愛猫と暮らすS様邸をお邪魔すると、猫グッズがいっぱい。

その全てがかっこ良くて、「どこで手にいれたんですか?」と、思わず

聞いてみたくなるのです。

今回は、目に止まったのは、

玄関前のマット・・・猫の表情が、生き生きとしていてユニークですよね。

玄関脇の敷石・・・S様手造りの猫の顔。目と口元が何とも可愛い。

「猫大好き」で、猫への愛が伝わってきます。

 

家の廻りを、ご自身の手で色々工夫されている場面に遭遇すると、

「建てさせていただいた家も大事にされているのだなー」と、

本当に嬉しくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です