来年のことをいうと鬼が笑いますが・・・

12月11日、日曜日の写真です。

そうです。またまた、山古志なのです。

今回は、お正月用の肉(もちろん真空パックで冷凍されています)を

購入するために、郷見庵におじゃましました。

自宅を出る時は、うっすらと雪が降ったかな~と、いう程度だったの

ですが、あなどるなかれ山古志の雪!!・・・と、いう感じでしたね。

あらかじめ連絡をしていたのですが、あまりの積雪の多さに、

ひょっとして誰もいないのでは?と、思ったのですが、

それはただの危惧に終わりました。

いらっしゃる方があるのに、閉まっていると悪いから・・・と、

ストーブで暖をとり、蒸かし芋と、お餅入りの汁まで用意して

下さっていました。

おいしかった~!!、温まった~!!。

「ありもんで作っただけだからね」さりげない一言。

この姿勢・心遣いが、人の足を郷見庵に向かわせるんですよね。

でもって、今年のことをあれこれ話しているうちに、来年の話に。

「1月15日に賽ノ神をやるから、子供達と一緒に是非来てね」との

お誘い、「はーい、喜んで」と、元気よく返事をしてきました。

木籠地区の賽ノ神は、みんなで、さいの神の組立・藁あみ・

おんべ作りから始まります。

餅つきあり、ついた餅で、小豆や牛汁のお雑煮・漬物・煮物のふるまい。

スルメや切り餅やき・・・等々、みんなで、一年の無病息災を

願うのです。

来年は、寺泊の人達が魚のがらを持ってきてくれ、がら汁で温まって

もらおう、と、いう計画もあるとのこと。

 素朴であったかい「木籠の賽ノ神」に、参加しませんか!!

「たくさんの人の参加を、心からお待ちしています。」とのこと。

以上、郷見庵の宣伝担当(自称)からでした。

詳しくは、「山古志木籠ふるさと会」のホームページを、ご覧下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です