庭木の伐採・抜根工事

長岡市内で、庭木の伐採・抜根の工事を、させていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

苗木の時は、小さくても樹木は、どんどん大きくなります。

樹によって、成長の差も出てきて、各々の樹によって剪定の方法も

違ってきますね。

又、長岡のような降雪地帯では、雪囲いの問題もあり、中々手間が

かかります。

そんなんや、なんなんやあって、庭木の伐採・抜根の依頼がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、チェーンソーによる、伐採。

伐採した後から、草と木を、ダンプに積み込んでいきます。

さすがに手慣れた作業で、どんどんきれいになって、いきます。

次に重機を使い抜根をして、ダンプに積み込み処分場へ。

そして、帰りに砕石を積んできて、現場で砕石を、降ろしすぐに重機で

敷均しをします。

どうですか?きれいになって見とうしもよくなりましたよね。

これで、施主様も安心して、お正月が迎えられるのでは、ないでしょうか。

庭木の手入れは、その下草の草取りも含めて、手のかかる作業です。

敷地内に緑のある生活は、理想ですが、その事がストレスになるようでは、

本末転倒ですので、自分でできる範囲・・と、いう事を考えてみることも

大事なことですね。

ちなみに、我が家も昨年のリフォームの際、ベランダの大きくなりすぎた松や、

ぼけの木は、処分しました。父が植えた木だったのですが・・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です