やっと作りました”神楽南蛮味噌”

毎年、秋になると作っている「神楽南蛮味噌」。

今年は、伸び伸びで、気持ちはあるんだけど、中々重い腰があがらず・・・

でも、材料は買ってあるし、そのままには、してはいられないし・・・

と、ぐずぐずしていましたが、一昨日やっと作りました。

今回は、神楽南蛮味噌のレシピ紹介です。

<材料>

●神楽南蛮      1.2Kg

●砂糖        1Kg

●味噌        1・7kg

※あくまでも目安です。私は、あんまり甘目でない方が好みです。

今回は、神楽南蛮がたまたま1,2Kgだったので・・・

山古志の郷見庵の長老の説明を、漏れ聞いた内容では、

全ての材料が1Kgずつでした。

<作り方>

材料を洗ってから、4つ割り、もしくは、6つ割りにします。

種とわたは、半分くらい使います。これが辛さの元になるようです。

フードプロセッサーで、粗みじんに。(もちろん、包丁で切ってもOK)。

鍋に移し、まず、砂糖を入れます。混ぜている内に、砂糖が溶けて

水分が出てきます。

そこへ、味噌を投入。又、混ぜます。均等に混ざったら、火にかけます。

ここできちんと混ぜておくと、あとが楽なんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鍋が大きくて見えませんが、IHの卓上コンロで煮ています。

卓上コンロにするわけは、TVを見ながらできるから・・・

強火にすると、味噌が飛び跳ねますので、要注意!!

中火で沸点に達するまで、円を描くように混ぜていきます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

できあがったら、瓶にいれます。大小様々な瓶で15個完成!!

やらなければならない事を、やり終えると、ホットしますね。

やっと肩の荷が、おりました。

来年作る人の参考になれば、幸いです。

この神楽南蛮味噌は、鮭のチャンチャン焼きの時とかにも、使いますが

大感謝祭の時に作る「トン汁」に使います。

「おいしくな~れ」の想いを込めて、最後にいれるんです。

神楽南蛮味噌の隠し味が、効いているといいのですが?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です