解体工事

地区100年以上の、旧家の作業場解体とリフォーム工事の施工中です。

農業をやらなくなったので、作業場を半分解体し、減築して、冬の

雪下ろしが、少なくなるように、雪の降る前に完了予定の工事です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右の作業場の半分を解体します。

2階に上がると色々の物が、残っており、それは、何十年か前までの、日常が

そのまま残っていました。

梁の上には、自作の縄やむしろ。

必要にせまられて作ったであろう、様々な作業用の竹籠。

持ち山の木で作った炭。

囲炉裏の煙で燻された真っ黒になった土壁。

食べ物も、道具も、燃料も自分達で作れる物は作る。

自分で難儀して作ったものだから、修理をしながら大事に使う。

便利になった日常の中で、何か大事な物を忘れていたような反省の気持。

先人に対する尊敬と感慨。

現場に佇み、色々な思いが、交錯しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です