さらに基礎工事の続き。

阿部(憲)です。

長岡市のOg様邸の基礎工事のまたまた続きです。

鉄筋組みが行なわれております。

それぞれの職人さんの進め方があると思いますが,
今回は,鉄筋組んで→外の型枠を組むという順番で進めています。

先に外型を組んでから配筋というのもアリです。
どっちがいいとか悪いという事は無いと思います(個人的な考え)。

が,配筋先の場合の最大の注意点は,『外側のかぶり厚さがちゃんと確保されているか』
これに尽きるんじゃないですかね。
空きすぎてもダメだし,少ないともっとダメ。

ということで。
ちゃんとかぶり厚さがとれているか確認しながら外型を組んでいます。

きれいに鉄筋が組まれてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です