足場解体前の細かい事ですが。

阿部(憲)です。

小千谷市のA様邸は外回りの工事が終わったのでいよいよ足場解体目前。
なので,解体前のチェックに行ってきました。

足場を解体してしまうと,私の身長では高い所に手が届かないので(普通の人も届かないですが),傷は無いか,不具合は無いかと足場の上から下までグルグルと見て回ります。

今回のA様邸は基本一色で,ポイントとして部分的に他の色を使っています。

その色の分け方も,A様が立面図に色塗りして何度も考えて決めたもの。

だから私も,外壁張る前に板金屋さんと入念に打合せをして,A様のイメージに合うように張り分け位置を決めました。

結果,とてもスッキリと納まりよく張れたのではないかと思います。

で,外部を見て回っていたのですが。
この部分を見て思わず『おー!』と言ってしまいました(現場には私1人でしたが思わず)。

フード部分の写真です。
ちょうど外壁の張り分け部分にフードがかかっています。
そして,フードの周りにコーキングが打ってあります。
わざわざ外壁の色に合わせて2色で!

・・・もうね,感動。

これ,一般的によく使われるカートリッジ入りの1液性のものではなく,2液性の材料を使っているのでわざわざ混ぜて練らなきゃいけないんです。

これくらいなら,薄い色の1色でやってしまえば簡単。
フツーそうするんじゃないかと。

そこをわざわざ打ち分けてくれている。

ここだけじゃなくて,他の張り分け部分も同じように施工されていました。

ソッコー防水屋さんの社長に電話して,そして,お礼を伝えました。
協力業者さんの中にこういう業者さんがいてくれるのは,すごく嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です