基礎工事の続き

阿部(憲)です。

長岡市Og様邸の基礎工事の続きです。

基礎の下に敷く防湿シートに穴が開いてましたが・・・。

この箇所は,改良体を施工した部分の土の高さが足りず,改良体の天端が所定の高さまで上がらなかった部分なんです。

改良体天端の高さが足りなかったからといって,ここを砕石で埋めて基礎を作ってしまうと,改良体自体は下がらないんですが,砕石部分が圧縮されて沈下してしまう場合があります。

なので,強度のあるコンクリートを打ちます。

改良体の長さ自体は低い土の部分から必要長さ分改良してるので,長さ不足もありません。

建替えの場合だと,前の建物の基礎を撤去するので地面は下がりがちだし,
基礎の外周と内部の底版の高さに差が多くあると,高い方の改良体廻りの土が不足しがちです。

色々な条件がありますが,それぞれに最適な対応をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です