お引渡し

平岡です。

昨日はお引渡し式がありました。

最後のチェックと仕上げと掃除で半日。施主様検査のあと、引渡式・・・結局一日現場にいました。もうね、だから淋しさ倍増ですよ・・・。現場にもだし、施主様との打合せもなくなるんだなぁと思うとね・・・。

住宅にもそれなりの流行があったり、住まいづくりを考える方は、まずそれ系の雑誌をみたりということをされるわけですが、この施主さまに関しては一切ありませんでした。

雑誌をみることもなく、他社をかんがえることもなく、ただ一直線に当社に来てくださいました。

とにかく広々したリビングがほしいとか、そういう要望はなく、【家族それぞれが暮らしやすい家がいい】ということが前提でした。

家族一人一人の生活スタイルや暮らし方、来客など、それらを考えて考えて出来上がった住まいは、一切の流行りに乗ること無く、施主様家族らしさ満載の、暮らしやすいのびやかな住まいになりました。どこをとっても、ひとつひとつ想いがある。

そういう想いもあって、施主さまと職人さんと当社と、みんなでつくりあげていったという感覚が私の中で本当に強いのです。

前社長の好きな言葉に『三方よし』がありました。もとは近江商人の心得でしたが、それに前社長の想いをこめて、

『お客さまも良し・業者さんも良し・当社も良し』と、よく口にしていました。

昨日の引渡しを終えて、その言葉が思いだされました。

この施主様とのご縁は、施主さまと前社長とのつながりによっていただいたものです。だからこそ余計、この『三方よし』が思いだされるんでしょうね。

誠実で思いやりのある施主様とたのしい時間が過ごせたこと。

いただいたこのご縁に、本当に感謝です。

どうもありがとうございました。

 

本日、わたくし若干気が抜けております。 週末はOPENHOUSEだというのに・・・。

がんばりまーす!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です