ご無沙汰です・・・

ご無沙汰しております、平岡です。
ちょっとブログから離れている間に、もうすっかり秋ですね~。
春も好きだけど、秋も好き❤です。

社内は相変わらず皆が各々の仕事を黙々と進めています。
でも、相変わらずなごやかです。

またお知らせさせていただきますが、来月二週続けてのイベントを予定しています。
OPENHOUSEです。
もうあからさまにタイトスケジュールでぞっとするところもありますが、やるしかない!
がんばるべしっ!と、スタッフ一同気持ちをを固めました。
お楽しみに♪

さてさて、私はというと、相変わらずプランニングを進めています。
今進めさせていただいてるお客様は、”動線とつながり”が特に重要になってくるので、
頭の中を整理するためにも、部屋ごとにカットしたものをあーだもないこーでもないと並べてます。

1020
いつもは紙の上で鉛筆で~の作業ですが、今回のお客さまにはこれがベストで、頭の中がすっきり。
さんざん悩んだのがうそのように、やっと前に進んだ感じです。
でも、長岡よりも雪の多い地域なので、それをふまえたとき、これじゃだめだ~・・・と、ふりだしに戻ったり・・・。
雪の落とし場所や冬場の採光もしっかり考慮しないといけないので、雪国はやっぱり大変ですね。
でも、もう一息で抜けそうな感じ!がんばりまーす♪

来月お引渡し予定の現場では、大工さんが猛奮闘中。
いろいろとめんどうなことをお願いしているので、だいぶ手間をかけてもらっています。
本当にありがたいです。
でも、やっぱりその分、仕上がりが本当にきれいで・・・。

10202

私たちが職人さんと打合せをする内容は、その職種の仕事内容・仕事量からすると、ほんのわずかです。
細かい納まりなど、図面通りに納まらないとこがでたときは、現場で打合せをして対応します。
そのときに、私がしたいことを伝えて、大工さんの話を聞く。
それで、私がやりたいことが伝わっているかや大工さんのセンスがわかります。
あとはもう、その職人さんの技術とセンス、誠実さを信用するのみ。
そのなかで、私が仕上りをみた時、「いいなぁ~♪」と思えるということは、その職人さんのセンスがいいなぁと思うということ。やっぱり、それって大事です。
小さな納まり一つが、空間全体の印象を変えますから。

基本はお客さまの使いやすさがまず第一。
そのあとでデザインや見た目が付いてくると思うのですが、やっぱり大事なことですもんね。
私の、当社の住まいづくりをきちんとわかってくれる職人さんと、こだわるとこはこだわって住まいづくりをしていきたいなぁと思うのでした。

プランニングに戻りまーす。がんばるぞー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です