6年。

先日の夕方,お客さんの所に打合せに行った時の事でした。

プランについてなかなかに白熱した話合いが一段落してちょっと休憩となった時,ちょうど携帯電話がなりました。
ホントに絶妙なタイミングで。

誰からかなと見たら,新卒でわたしが初めて勤めた会社の上司からで,久しぶりの電話でした。
この上司(私は所長と呼んでます)に私はすごくお世話になりました。
よく飲みに(強制で)連れて行ってもらったし,もちろん仕事も教えてもらいました。

てっきり『長岡で飲んでるからおまえも来い』という内容かと思って聞いたら,『そんな訳ないだろバカヤロー』と。

この『バカヤロー』は怒っている訳じゃなく,所長のいわゆる口グセです。
働いている時も事あるごとに『バカヤロー』言われました。
『なにまだ仕事してるのか。阿部このやろうバカヤロー』って感じで。
あ~懐かしいバカヤロー言われたなとちょっと嬉しくなります。

そうそう,現場で荷物を上げるエレベーターが壊れてしまった事がありました。
次の日は朝から材料の荷上げがありどうしてもその日のうちに直さなければならず,電気屋さんとあ~でもないこ~でもないと修理していたんです。
その時に所長から電話が来て,『いま飲んでるからおまえも来い』と。
エレベーターが壊れててと伝えると,『そんなのはいいから早く来い』と言われます。
どうしても直して明日から使えるようにしないとダメなんですと説明します。
そうすると,『わかた。じゃあ直せ。ただし直したら絶対に飲みに来いよ。絶対だからなバカヤロー。』と言われて。
なんとかエレベーターが直って,飲み会に行ったら『とにかく食え』と言われ,お腹いっぱいになった頃に『じゃあ帰るか』となりました。時間にすると20分くらいですかね。おそらくわたしが来るまでわざわざ待っててくれたんでしょうね。
ありがたいです。

話は電話に戻って。
いまお客さんの所で打合せをしている旨,伝えると,
『たいした用事じゃないんだけど,おまえが入社した時の建築本部長(えらい人)がそういえば阿部はどうしてるんだ?って話しててな~。』
なんとか元気でやってます!と伝えると,
『そうか,なら良かった。じゃあな~』と。

もう自己都合で辞めさせてもらって6年です。
勝手に辞めてった新入社員の事を未だに気にかけてもらえるなんて。
何と言ったらいいか,うれしくてホントに幸せ者だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です