耐力壁

阿部(憲)です。

東蔵王のS様邸は,耐力壁や構造金物の取付けが終わりました。

通常は耐力壁の施工→外装下地の施工という順番なんですが,
12月という時期的な事を考えると,先に外側を囲ってしまった方が,天候を気にせずに施工できるという判断から,順番を変えました。

図面通りに耐力壁(筋交や・構造用合板)が施工されているか,また,指定通りの金物が指定の場所に取り付けてあるかなどなど図面と照らし合わせながら一つ一つチェックします。

この辺の工程にはいちおう,自分の中にルールがあって。
それは,『瑕疵保険の検査を受ける前に,必ず自分の目で見てから検査を受けるようにする。』という事。

やっぱりミスがあってはいけない部分なので,1人が1回見るより,2人が1回づつ見た方が確実な施工に近づくと思うので。

自分でチェックして,悪い場所は直してもらってから瑕疵保険の検査を受けて,指摘が無ければうれしいし,
自分でチェックしても,ちゃっかり検査で指摘を受けたりして・・・。そういう時はまだまだだな~と思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です