リフォームの現場。


今日は,関原町で瓦や樋など外廻りの修繕工事をさせていただきました。
この現場は例の並んだ対象工事です。
だから,思い入れもひとしお。工事は順調でした。
このお宅,とても古くて大きいお宅なんです。
始めて現調に行った時なんか外廻りの工事箇所の確認なんかソコソコで,すぐに内部見学会状態。
すごい梁だ~とかこの飾り棚は手がこんでるな~とか。もう感動で最初の目的忘れてる感じでした。
中でも個人的なお気に入りランキング1位は・・・
↓正面の雁木
$ちょこっとひとりごと ◆長岡市の工務店  ㈱オーゴシ建設 現場監督けんのblog◆
何がいいかというと,周囲に溶け込んでいる所。違和感が無く当たり前のようにその空間があると言えばよいのか・・・。
その証拠に,
↓ガンガン人が通ります。もう歩道の一部です。
$ちょこっとひとりごと ◆長岡市の工務店  ㈱オーゴシ建設 現場監督けんのblog◆
以前,マンションの現場にいた時も同じことを感じました。
外部足場が外れて13階建ての外観が現れた時も感動しましたが,
建物の外構が終わって,通行人の人が何気にその外構終わった部分を通った時に
「あーこの建物もこの風景の一部になったんだな~」と感動。
何気なく居心地が良いというのはこういう感覚なんだな~と。
こういう所に家づくりのヒントがありそうだな~。
みなさんの居心地が良い空間てどんな所ですか??

けん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です